移転価格税の仕組みは、正しい知識を身につけないといけません。

移転価格税の仕組みとは

海外の関連企業との取引を通じた、所得移転を防止する移転価格税の仕組みやリスクを回避するための方法をしっかりと知っておきましょう。

移転価格税のリスクを回避するための方法

  • 国別報告書(CbCレポート)を提出する。
  • マスターファイル(事業概況報告事項)を提出する。
  • その他の書類とは異なるローカルファイルを提出する。
  • 調査官が求めたら60日以内にローカルファイルを提出する。
  • 移転価格調査で申告漏れを指摘されないようにする。
  • 移転価格に関する文書化作成は正しく行う。
  • 同一取引について国ごとに異なる説明をする。
  • 移転価格税制の正しい知識を身につける。
  • 海外子会社との取引状況・損益状況を把握する。
  • 日本と海外子会社所在国の、移転価格税制に関する正しい知識を身につける。

税理士においてはチャンス

法律書

移転価格税制は大企業やグループ取引を行っている会社において非常に大きな問題でもあります。特にグループ会社が海外に所在し、企業間取引が行われる際には独立企業間の取引とみなされ税金が課税されてしまいます。場合によっては二重課税となり税負担がかなり大きくなってしまう場合もあります。この様な状況を避ける事を税理士の手腕によっては行う事が可能です。税理士は税金のスペシャリストであり、日本国内はもちろん海外の税金事情にも精通しています。税理士が適正な価格を算出して設定を行えば、二重課税などを避ける事も可能です。

適正な価格設定を行うには

相談

移転価格税制を意識した場合に、税の専門的な知識が乏しければ適正な価格設定を行う事が難しい場合もあります。グループ間取引などにおける二重課税などを避ける為には、移転価格税制に関して見識の深い税理士などに相談をする事がベストです。税理士は二重課税を回避する術を持ち合わせています。きちんとして製品の価格設定はもちろん、適切な税金の金額算出も税理士なら可能です。グループ間の取引で二重課税が派生すれば企業としてかなりのダメージを受ける場合もゼロではありません。移転価格税制に精通した税理士事務所や税理士にきちんと相談を行い、対処を行うことで二重課税による大きなダメージの回避は可能です。特に海外のグループ企業との製品の売り買いには注意が必要となります。

広告募集中